導入までの背景/課題

※イメージ映像。本文とは関係はありません。

東京都が平成22年度にまとめた駅前放置自転車の状況では、都内の駅周辺(半径500メートル程度)における自転車の台数は約68万台。このうち約4万台強(7%)が路上などに放置されているそうです。
ただし、全体比較では路上放置の数値は低いものの、1台の放置があるとその周辺は自然に放置が増えるという現象が取りざたされ、街の美観の問題や、いたずらによる投棄なども発生させる危険がありました。利用者の利便性を高め、街の美観を確保することが公共施設としての大きな課題がありました。

導入の決め手

利用者への利便性、運用者の効率化、地域への貢献を兼ね備えた一次利用/定期利用を正確・安全・迅速に、多彩な精算方式に対応できる駐輪場料金精算・入出場管理システム導入が解決の決め手です。

主な仕様

導入例

システム化によってラッシュ時の混雑が 緩和され、また短時間で入出庫処理が できる能力の高さ、そして迅速なアフタ ーサービスによる安定稼動が運営者側 の効率化と利用者側の利便性の観点 で両者のニーズを充たします。

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ・資料請求

  • お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

SSBサポート二課

03-5860-1625

平日9:00-17:00

このページの上部に戻る