小柳 勝洋

KATSUHIRO KOYANAGI

SSB業務課

神谷 淳子

ATSUKO KAMIYA

東部ITサービス課

片本 清志

KIYOSHI KATAMOTO

SSBサポート一課

高橋 洋祐

YOSUKE TAKAHASHI

ITSE一課

それぞれの立場で本音トーク。先輩社員がOFEの魅力を伝えます!

OFEで活躍中の先輩社員が「①OFEを選んだ理由、②OFEのここがいい、 ③こんな成長ができた、④OFEで活躍できる人」について語り合いました。           

Q.1 オムロンフィールドエンジニアリングを選んだ理由

小柳

元々、人と接するのがそんなに好きじゃなかったんだけど、いざお客様と接することになったら、話せるシチュエーションっていいなと思った。学生時代は、機械しか見ていなかったからね・・・

片本

僕は逆に、インターネットでOFEのHPを見てカスタマエンジニアっていいなと思ったのがきっかけだった。機械を修理しに行く仕事なので必然的にお客様と話さなくてはいけないけど、僕は学生時代から人と喋るのが好きだったし。お客様とお話しして仲良く仕事できたら良いなと思って、入社を決意した。会社に入る前まで「オムロン」がどういう会社か、何をしている会社か分からなかったけど、やはり「オムロン」というブランド名が強くてね。インターネットを見ると工機を使っていて、ATM、駅での仕事をやっていてぐらいしかわからなかったけど、とにかく仕事内容が面白そうだと思ったんだ。

神谷

私は企業説明会でCEと書いてある企業を全部回ったんです。その中でも女性である私に対して唯一ウェルカムモードだったのがオムロンフィールドエンジニアリングだったの。採用の人が明るく、印象が良かったなぁ。

片本

僕らの年代はなんていうかSE信仰が強くて、大学内でもSEを志望する人が多かった印象があるんだけど自分には合わなかった。机に座ってプログラムを作ったりする仕事よりは、人と接して機械と格闘するカスタマエンジニアの方にやりがいを感じて志望したんだ。

高橋

「オムロン」ブランドへの安心感は強かったね。
会社に入る前はどんな業務をやるのかわからなかったけど、オムロンがITをやっていたというのもあって、チャレンジブルな分野でやってみたいと思ってた。何社か面接を受けた中でも、OFEの面接官が一番親身に話を聞いてくれたと感じたよ。仕事は自分の人生に大きな影響を与えるものだから、OFEは丁寧で面倒見がよさそうだと。

( Q.他の会社のCEではなく、OFEでCEをやることへどう思うか、に対して)

片本

機器にはオムロンブランドと他社ブランドがあるが、OFEはどちらかに特化しるわけじゃないから、他社の機器に触れられていいと思うな。

神谷

説明会は他社はふるいにかけたがっているという印象を受けたけど、OFEは人事の方は気さくで、 「OFEでは女性にも制服があって…」、「エコカーがあって…」と積極的で・・・。笑 うちに入って欲しいというオーラがあった。

Q.2 OFEのここがいい!

高橋

OFEの社員は、元気が良くて、お祭り好きで、団結力があると思う。プロジェクト対応やイベントごとがあると、自然と会社が一丸となっている。全国規模で工事などがあると、普段日常の業務でかかわっていないエリアの人とも関われるので、大変だけど楽しさもあるよね。一緒に仕事をすると、そういう人たちの頼もしさを感じるね。

小柳

一番印象に残っているのが、入社4年次研修かな。
ロールプレイングを取り入れたカリキュラムがあって、研修自体もそうだけど、講師の話が面白くて、とても充実感を感じていたのを覚えてる。

片本

OFEはなんでもできる。CE、SE、営業の全てができる。コールセンターもあって幅広い業務、要素がある。基本的にCEから始めるが、「こんな仕事がしたい」という自分の希望を聞いてくれる風土があって、色んなところで活躍の機会があると思うね。

神谷

女性同士も仲が良いからいいよね。CEの女性というのが少ないというのもあって、男性とはまた違った輝き方ができる。入社当時から、よく先輩や同期と飲みに行ってたけど、上司や先輩に気兼ねなく接することができるのがうれしい。「課長」と呼ばずに、「~さん」と名前で呼ぶ。部長、社長とも気軽に喋れる、なんてところもOFEの風通しの良さかな。

高橋

そうだよね。確かに人間関係のトラブルは聞かないね。
やっぱり、OFEの堅苦しくない雰囲気が好きだな。

神谷

風土もそうだけど、OFEの制度で、誕生日休暇ってあるでしょ、それが羨ましいと周りに言われる。休み関連だと節目休暇(30歳、35歳、40歳などの休み)で一週間単位の休暇が取れるのもいいよね。 あと、社員旅行やクラブ活動もなかなかいいよね。特に社員旅行は、全国を東と西の2つのエリアに分けて、それぞれ10種類ぐらいのコースがあって、全国各地の社員と交流できる。

片本

そうだよね。それと、テクニカルチャレンジカップは毎年熱いよね。東部・中西部・北海道・九州の各地区予選を勝ち抜いたCEが、一箇所に集まって、技術の腕を競い合うのはやっぱりOFEならではのイベントだよ。個人的にはこれからも毎年続けてほしいイベントだし、これぞ技術の会社って感じがするね。

Q.3 こんな成長ができた

高橋

ようやく自分で考えるようになったかな。入社当時は、仕事を覚えることで精一杯で、どちらかというと知識を詰め込んでいる状態だったけど、お客様に迷惑をかけないようにと思いはじめ、自分から先輩や、上司に聞いたりしながら、次第に自分で考えるようになったかな。若いときはマイナスを減らすための努力だったが、今はプラス、お客様に価値を提供するために努力してる。

神谷

入社して現場を回っていた時は、緊張しながらお客様に1から10まで全て説明していたけど、先輩からの助言もあり、お客様との距離の縮め方やコミュニケーションのとり方を学んでいった。入社当時は、お客様や周りから女の子っていう扱いをされたくなくて、それをバネに頑張ってたなぁ~。今は誰も女の子扱いしてくれないのでそれも寂しいな。(笑)

小柳

CEを2年やって、そのあとは6年ぐらい営業をやっているんだけど、CEでも営業でもやっぱりお客様とのコミュニケーションを通じて、成長できたと思うな。お客様からの厳しい言葉や、優しい言葉、色々あるけど、やりとりそのものが自分にとっての財産になっている。

片本

僕もCEとして入社して、現場でがむしゃらにやってきたけど、何度も、お客様からの厳しい要求やお叱りを受けたなぁ~。最初は1人で考えて答えがでなかったんだけど、お客様に満足していただくためにどうすれば良いかを考えるうちに、今まで気にしていなかった社内に目を向けるようになったんだ。1人で考えるより、OFEの仲間と考えるほうが色んな答えが出せると思ったんだ。 今は、新たなサービスを考える部署にいるので、色んな部署とのコミュニケーションを大切にすることを意識している。お客様と仲間が自分を成長させてくれたなぁ~。

Q.4 OFEで活躍できるのはこんな人

片本

元気な人。言い方は悪いかもしれないけど、まずは元気がよければいいと思う。お客様にも、色んなタイプの方がおられるけど、“元気”があれば、どんなお客様でも、かわいがってくれる。あと、あまり機械に慣れていない新人でも心配無用だね。入社してから、先輩のレクチャーを受けたり、様々な研修もあって学べるし。

小柳

好奇心旺盛で、前向きな人かな。
色んな仕事をしていくには、好奇心と前向きさがきっと武器になるね。

神谷

コミュニケーションがとれる人だと思うな。
現場では、機械をなおすだけじゃなくて、お客様との信頼関係がとても大切だよね。だから、やっぱりコミュニケーションだね。

高橋

ポジティブな人、アグレッシブな人は、活躍できると思う。会社も社員を見ているから、普段の行動でも前向きで積極的に動いていれば、きっと活躍の場が広がるんじゃないかな。

神谷

私は、やっぱり腕力とかなくて、重い荷物が持てなかったり、男性と同じ動きができないときもあったんだけど、かといって女性として明確に線引きされてしまうと、自分が必要とされていないのかな、という気持ちになるんだよね。でも、女性は丁寧できめ細やかな対応ができるから、お客様の満足度も高いと私は思っている。 要は、考え方次第でいくらでも前向きに仕事はできる。この仕事をやりたいんだ、と思う気持ちがあれば、十分活躍できると思うな。

小柳

自分たちが営業でとってきた仕事を、全国1000人のCEに、均一にやってもらえるように伝えるのは、なかなか難しいな。でも、それをどうやったらうまく伝えられるかを考えて、実際に伝えていくのはとても面白いと思ってるし、やりがいも感じている。
OFEは、自ら考えて行動できる人だったら、活躍の場はたくさんある会社だと思う。

小柳 勝洋

KATSUHIRO KOYANAGI

SSB業務課

お客様とのコミュニケーションを通じて成長できる。

神谷 淳子

ATSUKO KAMIYA

東部ITサービス課

女性のCEは男性とはまた違った輝き方ができる。

片本 清志

KIYOSHI KATAMOTO

SSBサポート一課

人と接して機械と格闘するCEにやりがいを感じる。

高橋 洋祐

YOSUKE TAKAHASHI

ITSE一課

お客様に価値を提供するために努力できる。

このページの上部に戻る