~自由度の高い設計、発電量の最大化、高精度なモニタリング機能のご紹介~

    

■今まで活⽤をあきらめていた遊休地への発電所建設をサポート︕
⽇本の複雑な地形による制約を受け、太陽光発電所の建設をあきらめた⼟地はありませんか︖
ソーラーエッジシステムを利⽤し、スペースに応じた設計を提案します︕影の影響やモジュールごとの発電バラツキを最小限にでき、今まで活⽤をあきらめていた⼟地への太陽光発電所建設をサポートします。
 
■⼯事のコストと作業⼯数の削減をご提案
ソーラーエッジシステムを利⽤した太陽光発電所の⼯事において、
シンプルな設置による作業⼯数や施⼯ミスの低減、⼯事コストの削減を提案します。
 
■モジュールレベルのモニタリング機能*1をご提供
「ソーラーエッジシステム」では、モジュールレベルのモニタリング機能により、問題特定や復旧までにかかる時間を短縮することが可能です。
※1:ソーラーエッジ社独自の監視システムです。

 

 

開催概要

■ 開催日/会場
 2018/ 9/19 (水)  東京会場  <MAP>
 2018/10/16 (火)  四日市会場 <MAP>
 2018/10/26 (金)  大阪会場  <MAP>
 2018/11/ 9 (金)   京都会場 <MAP>
 2018/11/21 (水)  浜松会場 <MAP>
 
■ 時間(各開催日共通):
 13:30~17:00(受付開始13:00)
 -セミナー:13:30~16:00(途中休憩をはさみます)
 -個別相談:16:00~(ご希望者のみ)
 ご希望の方にはセミナー終了後、個別相談会を開催いたします。 

■ 内容
 1.ソーラーエッジシステムの特徴
 2.ソーラーエッジシステム活用のメリット
 3.モニタリングプラットフォームを活用したメンテナンス事業のすすめ

■ 対象者
 ・EPC様
 ・ソーラーエッジシステムの導入をご検討されている企業様
 ・ソーラーエッジシステムに興味をお持ちの企業様
 
■ 定員
 各回:20名程度

 ■ 参加費
 無料
 ※ お申込多数の場合は、 お申込み順で締め切らせていただきます
 ※ 各社様 最⼤4名様の参加とさせていただきます

■ 主催/共催
 主催:オムロンフィールドエンジニアリング株式会社
 共催:ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社
   
■ 会場
東京会場((ソーラーエッジテクノロジージャパン株式会社))
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-9-4 ヒューリック日本橋本町一丁目ビル
※東京メトロ銀座線三越前駅B6出口から徒歩3分
※都営浅草線人形町駅A6出口から徒歩8分
 

大阪会場(オムロンフィールドエンジニアリング株式会社大阪事業所 10階 会議室) 
〒553-0003 大阪市福島区福島3-14-24 福島阪神ビルディング 10階
※JR東西線 新福島駅 3番出口より徒歩1分
※JR環状線 福島駅より徒歩7分
 

浜松会場(オムロンフィールドエンジニアリング株式会社HUTEC(ヒューテック)会議室)
〒431-2103 静岡県 浜松市 北区 新都田 1-4-1
※JR浜松駅より車で60分
※遠州鉄道浜北駅より車で25分
 

京都会場(オムロンフィールドエンジニアリング株式会社京都事業所) 
〒600-8214 京都府京都市下京区東塩小路高倉町 2-1 京都キングビル
※JR「京都駅」八条口東口から徒歩5分
<>
 


四日市会場(四日市商工会議所 3階研修室)
〒510-0085 三重県四日市市諏訪町2-5
※近鉄四日市駅より徒歩7分
※JR四日市駅より徒歩10分
※四日市ICから車で20分
アクセスURL:http://www.yokkaichi-cci.or.jp/access/
<>
お問い合わせ:
オムロンフィールドエンジニアリング株式会社
エネルギーマネジメント事業本部 環境コンポ部
窓口:瀧口/金田
Tel:06-6131-5477
メール:ofe-pv_solution@oss-g.omron.co.jp
 
オムロンとソーラエッジの協業についてはこちらをクリック⇒https://www.omron.co.jp/press/2018/01/c0131.html

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせ

エネルギーマネジメント事業本部 環境コンポ部    瀧口/金田

06-6131-5477

月~金 9:00~17:00

このページの上部に戻る

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

エネルギーマネジメント事業本部 環境コンポ部    瀧口/金田

06-6131-5477

受付時間

月~金 9:00~17:00