顧客・現場ニーズに応じた検査方法で、高品質生産を支援

主な特長

・不良品の後工程への流出防止
・汎用機器で構成・構築する事によるカスタマイズ・メンテナンス向上
・自動制御による型替ミス、検査精度の不安定を解消

詳細説明

1.検査機の分散化による不良品の早期発見と不良要因の早期解決

2.下流での排出2重チェックで不良品の後工程への流出防止

・下流排出ミス確認センサで排出ボトルを2重に確認
・ライン能力オーバー、密着ボトル等で検査していないボトルを未検査として排出 

製品

1.入味・キャップ・異物検査機

キャップ全周検査・異種キャップ検査・入味線検出・異物を検査。

 

2.マルチボトル対応入味・キャップ・異物検査機

PET・瓶・ボトル缶等、マルチラインに対応。

3.ラベル検査機

ラベル破れ・ラベル縦ずれ横ずれの、全周検査を実現!

 

4.キャップ印字検査機・ラベル印字検査機

賞味期限・製造年月日等、IJP・レーザー印字文字を、照合検査します。

5.缶底印字検査機

高速缶ラインの印字を、2ライン同時に文字照合検査し、データを管理。自動型替機能・排出制御。 缶中味温度測定の追加可能。

6.標準キャップ外観検査機

4台のカメラで、樹脂キャップのブリッジ切れ、斜めかぶり、汚れを、ローコストに全周検査。ワンタッチ品種型替機能付き。

参考:
2台~3台の検査機を連結し、排出機1台にて、ボトルの総合検査が可能です。

7.アルミキャップ外観検査機

4台~6台のカメラで、キャップロック不良・角出し、斜めかぶりを全周検査。ネジ深さ、絞り込み、等も検査対応可能。自動型替機能付き。

8.シュリンク前ラベル・アルミテープ検査機

ラベラー直後で、ラベルのかぶせずれを検査。アルミテープも検出。

9.タックラベル検査機

キャンペーンシールの有無を、カラー抽出。自動型替付き。

10.異種キャップ検査機(カラー)

樹脂キャップ~アルミキャップまで、色と文字パターンで、大量のキャップ種別を判別可能。

11.瓶底異物検査機

ダーク瓶底の見えない異物を検出。

12.ダンボール印字・外観検査機

ダンボールの印字照合と、フラップ部の開き・中折れの等の同時検査を実現!

【特徴】
 ・ダンボール表面の賞味期限印字を照合検査
 ・独自の技術で、ダンボール外観の、フラップ内折れ・外折れ、大破れ、
 ・異種ダンボール(製品コード)、等を検査。BCR追加可能。

13.ボトルピッチ切り装置

コンベア上の密着ボトルを、等間隔にピッチを切り出し。 
ラベル全周検査、検査精度アップに活用。自動型替機能を、品種設定機能に連動し、高精度型替。

*ラベル検査機とセット設置で、ボトル間20mmによる、ラベル破れの高速全周検査が可能。 

検査機納入実績 (2015年春 現在)

容器別 検査項目の実績一覧表

 検査機納入実績500台以上(2015年春現在) 以下、納入例
検査項目 ペット 紙パック
缶底異物検査      
入味検査    
充填後浮遊異物検査      
空瓶、空缶検査(口天ひび、異物、方向)    
充填後異物検査    
印字検査(有無、文字照合)  
キャップ検査(ブリッジ、ベレー、異種)  
ラベル検査(有無、破れ、ズレ)  
中味温度検査    
ホットメルト接着検査(赤外線カメラ利用)    
アンケーサー残瓶検査      
シュリンク前ラベル検査(ラベル、アルミ)      
タックラベル検査  
ダンボール印字外観検査  
空ペット      
紙パック シュリンク      

導入実績(順不同)

・サントリーグループ 様
・コカ・コーラウエスト株式会社 様
・コカ・コーラウエストプロダクツ株式会社 様
・アサヒビール株式会社 様
・アサヒ飲料株式会社 様
・サッポロビール株式会社 様
・ポッカサッポロフーズ&ビバレッジ株式会社 様

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ・資料請求

  • お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

IBエンジニアリング部

03-5860-1898

平日9:00-17:00

この他の食品・化学業界向けソリューション

QITEC 食品・化学業界ソリューション

食品・化学業界における、原料入荷~小分け・配合~製品出荷までの一連の作業事故を防ぎ、トレーサビリティできるシステムを構築します。

このページの上部に戻る